第1位 アンリミテットアフィフリエイトネオ
アンリミテットアフィフリエイトネオはアフィリエイトの情報商材、教材の中でも抜群に優れているノウハウになっています 大きく稼ぎたい人にとっては情報商材アフィリエイトで稼ぐノウハウが一番近道だと感じています アンリミテットアフィフリエイトネオでは、月収100万円は稼ぐ事がそこまで難しくなく、むしろ月収4桁代に到達させた人もいるくらい稼ぐ事が出来る教材なのです

アンリミテットアフィフリエイトネオを詳しく見る

第2位 下克上無限(GEKOKUJO∞)
下克上∞はトレンドアフィリエイト教材の最高峰にあたる教材です この教材を忠実に実践していて稼げない人はほとんどいないってくらい、再現性が高い商材になっています 芸能ニュースや好きな俳優等の芸能人がいればこの教材をやっていて物凄い楽しく進めていくことができますね

下克上無限を詳しく見る

第3位 新世界アフィリエイト
この教材ではどんなアフィリエイトを実践している人とでも自分の世界観に引きずり込み、自分から買いたい!って言わせる程の心理的なノウハウになっています アフィリエイトでなく、相手の人をどうやって自分の価値観に付き合わせるかってことが非常によくわかるので、この教材を実践したら日常生活でも相手を説得させて、言い方を悪く言えば、洗脳することが出来るのです」

新世界アフィリエイトを詳しく見る


ペンギンアップデートによる影響で被害増大

グーグルが最近行ったペンギンアップデートって知ってる?

 

4月24、25日頃に行われたグーグルのペンギンアップデートなるものが話題になっていますね

 

「これって何?」と思っている人もいるでしょう。

 

簡単に言うと、薄っぺらいコンテンツのサイトや他の人の記事をパクッて記事を載せているサイトなどを大幅に検索順位を下げたり、サイト自体を検索出来ない様にする事をいいます。

 

あとペラサイトの大量被リンクなども影響があり、要は、意図的に検索順位を上げるような行為などがこれにあたります。

 

これにより、かなりの順位変動が起こっている模様で順位を下げられて悲鳴をあげている人や何か知らんけど上がっているという人など反応は様々

 

ペンギンアップデートの効果が表れていますね。

 

ペンギンアップデートのせいで、検索順位が下がった人はこれからグーグルが好む構成にしていけばまだ大丈夫。

 

スパムらしきものを排除したり、サイト自体の質を高めたりね。

 

対策法などが詳しく載っているので一度目をとおしておいた方がいいでしょう。

 

ただ、検索エンジンから消えた人は一時的なペナルティとは違うので、以前のように復活のは難しいですね

最低限度覚える必要があるHTML

 

HTMLの最適化をしていくために最低限度覚える必要があるHTML

要は、検索エンジンが好むHTMLっていうのがあるんですがそれを意識して、サイトを構成すると当然、嫌われない、ということです。

嫌われる要素を、はずしていけばいいだけなんです。そんなに、難しい事ではありません

 

METAキーワードは入力していますか?
サイトでは、<head>~</head>内にあるMETAタグ。

このMETAのMETA name=”description” content=”

この後につづく文章は「このページをひと言で、検索エンジンさんに伝えるなら?」っていう文章にします。

 

META name=”keyword” content=”

この後につづく言葉はダイレクトに、「キーワードのみ」を入力。
検索エンジンで、上位表示されたい言葉を、挙げます。

 

 

<h1>キーワードは入力していますか?

<h1>~</h1>の中はSEO対策上、非常に重要なタグといわれてます。

 

ここでは<body>の<h1>タグではなく<head>内の<h1>タグを指しています。

 

ココに入れる言葉は、ブログタイトルではなくて「メインキーワード」を入れましょう。

 

 

<title>キーワードは入力していますか?

<head>内の<title>を見てみます。

ここには、検索エンジンで上位表示を狙う言葉を含めて入力します。

 

<body>~</body>で注意すること

次は、<body>内で気をつけることです。

まず1つ目は<body>直後には<h1>タグで囲まれた文章を表示します。

中の文章は、タイトルタグと同じでいいです。

2つめは、画像を入れることが出てくると思うんですが画像の「alt=””」に言葉を入れること。キーワードです。

<img src=””>の中にalt=””がでてきます。ここに言葉を入れましょう

 

 

それから最後は、<body>~</body>内には、記事を書いていくと思うんですが狙っているキーワードの出現率は5%くらいがいいらしいです。

 

 

キーワードを過度に使用しなければいいってことです。
普通に記事を書いていたら大丈夫です

 

以上が最低限度覚えてほしいHTMLになります

▲トップへ戻る