記事を書くときに共感を得られるコツとは?

アフィリエイトを初めて、あなたが、ブログなどの「媒体」で記事を書きますよね。

 

「言葉の力」で、読者さんの心をつかんでみませんか?

 

どういう風に記事を書けばいいんだろう?

 

どう書けば、読者さんが「読んで」くれるだろう?

 
アフィリエイト商材・教材比較・ランキングで基本は学べます。
 

同じことで悩んだ経験あります。読者さんに向かって書いているはずなのに

「自信をもてない」

 

ココは、私が実践している「教材」で

答えが書かれていました。

 

というか、その教材を読んで、知っていたのに忘れていたんです。

 

何度か読み返しているとき、ハッと目にとまりました。

「先に与える」

この言葉です。

 

読者さんに向けて、書いているはずなのに気付けば「私目線で」書いていた。

そういうこと、ないでしょうか?

 

読者さんが読む、ということは

目線は、読者さんです。

もしかしたら自分の書きたいこと≠読者さんの知りたいことかもしれません。

でも、読者さんに向かって、書いていますよね?

ブログにしろ、、メルマガにしろ、レポートにしろ。。。

読んでくれる人がいて、はじめて「自分の書いている記事の意味がある」思っています。

 

読者さんの知りたいことってなんだろう??

 

あなたがアフィリエイトをしているもので変わってきますね。

 

それに「対象者」によっても変わってきます。

 

なので、何を書くか、はここでは、おいておいてこの記事でいいたいことは、大前提として、「読者目線で」書く。

 

そして、どういう風に書くか?

 

自分の言葉っていうのは「自分が思っていること、感じていること、学んで得たこと」から出てきます。

たとえば、どこか、他の媒体の方の文章を読んでそれを、「こういう風にかけばいいのか~」と思ったとして。

 

いざ記事に書くとき、その「読んだ媒体の方の言葉で」書こうとしていませんか?

 

だって、あなたが「なるほどな~」と思ったからにはその「媒体の方の言葉の力」があるわけですからその、文章と同じように書けば、いいのかと思ってしまいますよね。

 

文章も「読みやすさ」がありますから同じような「読みやすさ」を真似して書くことはいいとおもいます。

 

でも「言葉の力」は、他人のものでは、力は発揮できないと思います。「あなたの」言葉で書くんです。

 

コツとしては、その文章を読んだ時あなたは、どう思ったか?納得したのはなぜか?なぜ、それを読んで、伝えようと思ったのか?

 

言葉が浮かんでこなかったら、

何度もその文章を読んで、感じてくださいね。

キーワードツールCOMPASS(コンパス)レビュー・特典で言葉の重要性がわかりますよ!
 

あなたが、読んでいる、ということは「読者の気持ち」になっているということですよね。

 

 

情報発信者側として「読者の気持ち」目線で、記事を書いていく。

 

まるで、「参考書」「教科書」か!

 

という風な文体でかくと、読者さんの共感はなかなか得られませんよね。

 

なぜかというと「感情」が、「参考書」「教科書」にはないからですね。

 

あなたの気持ちを読者目線で読者にぶつける。

 

 

「アフィリエイトしたい!!」と思って始めたんですよね??

 

そこには、「大きな気持ち」があるはずです。

 

その気持ちがあれば。

 

あなたの言葉の力は、大きいと思います。

 

 

どうしても「伝えたい!」と思ったら言葉を短く出来ないんですよ。

もしかしたら、どんどん「伝える力」が身についてきてみなさんと「あ、うん」の呼吸で

出来る日も来るかもしれませんね

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る